関連イベント

「伝統木造建築にたずさわる、すべての職人に光を!」の運動に関連するイベントを掲載しています。
イベントを主催されており、このコーナーへの掲載希望の方は、事務局までご連絡ください。

  • 5/27 タウトの見た桂離宮、左官職人の見た桂離宮

    タウトの研究家であり、日本の左官に造詣の深いマンフレッド・シュパイデル博士と、桂離宮の修復にかかわった名左官の久住章さんのお話から、桂離宮の魅力を探ります。会場は京都大学 百周年時計台記念館2階 国際交流ホール2。
    主催:公益社団法人 日本左官会議

  • 5/22 日本粘土瓦ユネスコ登録推進協議会 第一回シンポジウム

    粘土瓦は日本の伝統・文化です。その良さを日本国民に再認識してもらい、ユネスコ無形文化遺産に登録される予定の「伝統建築 工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」に含まれるよう、第一回のシンポジウムを開催します。
    主催:日本粘土瓦 ユネスコ登録推進協議会(全瓦連事務局内)

  • 4/29「世界に誇る日本建築の匠の技を世界無形文化遺産に」八戸フォーラム2018

    「伝統建築 工匠の技」の登録実現にむけての取組みを紹介したのち、「伝統技術の枠を傾注した京都迎賓館」と題して、京都迎賓館の設計者である佐藤義信さん(日建設計)のご講演を開催。
    NPO法人 あおもりの木で地域を支える伝統と技術の会と、当会との共催